乃木公園(東京都港区2018/11)

乃木公園

~車椅子で移動できる範囲はごくわずかです、大正2年に開設した公園~

 

○邸宅とお庭、そして神社

乃木公園は乃木大将邸宅地で、遺言により東京都に公園として寄贈されました。大正2年に開設された公園で、現在では港区が管理しています。

邸宅、お庭、馬小屋が残され一般見学が可能。隣接して乃木神社が建立されています。

乃木公園

○全方向段差ルート

乃木公園へ入るバリアフリールートはありません。傾斜地にある公園で、全てのルートに段差があります。

外苑東通りから旧乃木邸横に入る入口は、決定的な段差はありませんが、路面は車椅子では辛い砂利面で、小さな段差はあります。

乃木公園

○車椅子で遠景をみる

それでも車椅子で乃木公園に入るなら、この外苑東通りから旧乃木邸横に入る入口です。園内に入ってからも砂利面なので、車椅子での移動は苦労しますが、旧乃木邸と馬小屋は見渡せる範囲です。

乃木公園

○乃木邸見学ルートは段差あり

殉死の間など、乃木邸内部を外側から見学できる歩道橋がありますが、このルートは数段階段を上ります。

乃木公園

乃木公園

○お庭は遠景で

お庭は傾斜地にあり、途中に段差がある散策路を進む必要があります。車椅子のままでは行くことはできません。

乃木公園

○乃木神社は段差の上

乃木神社は乃木邸から見ると段差の下。参道ルートでは段差の上になります。どちらのルートから向かっても、最後にまた段差があります。拝殿も段差構造です。

乃木公園

境内には無料で入場できる「宝物殿」がありますが、ここの入口も階段です。

乃木公園

 

乃木公園は車椅子での散策は出来ません。乃木神社も車椅子では参拝出来ません。行けるところから、見える範囲を眺める利用になります。