小田原フラワーガーデン(神奈川県小田原市2014/03)

 

バリアフリーな植物園、小田原フラワーガーデンです。

規模的にはそれほど大きくはありませんが、手入れも良く行き届いた綺麗な植物園です。

小田原フラワーガーデン

駐車場は無料、植物園もほとんどが無料開放。唯一、温室だけが有料ですが、各種障害者用手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免になります。

 

四季折々のお花が咲き、温室はもちろん通年OKですが、梅林が一番の自慢なので、梅の季節がメインの季節といえるでしょう。

 

なだらかなアップダウンはありますが、基本的にはフラットで車椅子でも快適に回れる植物園です。

駐車場にも、障害者用駐車スペースが6台分も用意されています。

障害者用トイレも、一戸建て方式が2か所、屋内ビルドイン方式が1か所と、規模の割には充実しています。

平成7年の開業なので、設計からバリアフリーが配慮されている安心の施設です。

 

梅の季節はまだ肌寒いことが多いですが、ここの梅林は芝生になっていて、中に立ち入りが自由です。レジャーシートを広げて座ることもできます。芝生梅園、ちょっと珍しいと思います。

 

このフラワーガーデンの周辺が、広大な公園施設になりつつあります。神奈川県立小田原諏訪の原公園という、全体で65ヘクタールの広大な公園が整備中で、現在はごく一部が公開されています。

 

近年、この規模の公園開発事業はあまりありません。自然との共生や人と人の絆をコンセプトに、そしてインフラとしてはきっと最新のバリアフリー思想を取り入れた新しい公園が誕生するはずです。楽しみです。

 

定期的に訪問して、公園の開発状況を確認していきたいと思います。