小田原ダイナシティ(神奈川県小田原市2015/02)

ダイナシティ

~着実にバリアフリーが進化している、西湘随一の郊外型大型商業モール~

1990年代に誕生した大型モール。西湘エリアでは草分け的な存在です。開業当時はその盛況ぶりが話題になりました。ヨーカドーからロビンソン百貨店(現西武百貨店)、シネコンとモールが拡張されています。
西湘エリアの潜在的な購買力の高さを感じさせるモール。休日はいつも周辺道路が混雑し、駐車場は満車に近い状態が続きます。

小田原ダイナシティ

久しぶりの訪問です。記憶頼りで正確な比較ではありませんが、駐車場の障害者用駐車スペースが、以前に比べて大幅に増加しています。敷地が広く、商業棟が大きく3つに分かれているので、目的の施設の近くの駐車場を狙ってください。

今回はイーストモールの平面駐車場を利用しました。イトーヨーカドーの正面入り口近くに、合計10台分くらいの障害者用駐車スペースが設置されています。ところが、全区画満車。さあどうしようと思い車を進めると、少し離れたところに、3台分の障害者用駐車スペースがあり、そこは空いていました。
シネコン棟に近い、という意味で設置された障害者用駐車スペースだと思われますが、少し遠いところに障害者用駐車スペースがあるのはいいことです。

 

近年障害者用駐車スペースの満車確率が高くなっています。その場合に別の区画があるのは助かります。雨の日は別ですが、普通に移動が出来る一般的な車椅子ユーザーにとって、少々の距離のフラットな歩道の移動はそれほど問題ではありません。それよりも車の乗降がゆったりできる、駐車スペースの前後左右の余裕が重要なのです。近い場所が満車でも、離れた場所に障害者用駐車スペースがあるのは、本当に助かります。

 

イトーヨーカドーの店舗内は、平均的なバリアフリー状況です。最新のピカピカなアリオにはかないませんが、普通に問題なく利用できます。食品売り場の通路幅は、この築年代のスーパーにしては余裕あり。目玉は小田原の地産商品。小田原ブランドのグルメをお楽しみください。

 

イーストモールから、西武百貨店のあるウエストモールまで、やや距離はありますが車椅子でバリアフリーに移動できます。途中で東海道新幹線の線路をくぐります。そういう商業モールは、多分ほかにないでしょう。真上を通過する新幹線を経験できます。

周辺道路の渋滞はキツイですね。もう少し広域にみても、東に行っても西に行っても、日本を代表する休日渋滞ゾーンが待ち構えます。駅からは距離があるので、皆さん車でのご来場。平日はともかく、休日のご利用には時間的な余裕をみられることをお薦めします。

とはいえ西湘小田原、いいところです。このエリアでバリアフリーな商業ゾーンといえば、やはりここ小田原ダイナシティ。他を圧倒する規模と集客力です。西湘ファンの車椅子ユーザーは、夕方の渋滞を避けて、早めの時間帯にここを目指しましょう。