須玉おいしい市場(山梨県須玉町2014/12)

おいしい市場

 

~店内の通路幅は余裕たっぷり、屋内障害者用トイレもある産直ショップ~

おいしい市場

ベタな名前です。山梨のおいしいがぎゅっと詰った市場、がキャッチコピー。八ヶ岳山麓の新鮮野菜が自慢です。2011年にリニューアルオープンしたバリアフリー産直ショップ。須玉ICから至近。中央高速からのアクセスは抜群です。

 

信号はありませんが国道からの右折レーンも設置されています。駐車場は広々、障害者用駐車スペースが2台分設定されていますが、空いているときはお好きなところに駐車してください。そういう雰囲気です。

 

店内へのスロープは、ちょっとヤンチャ。ゴツゴツ、ガタガタしています。車椅子ユーザーにとって、ここが一番の鬼門。それでも自走の人が介助なしでなんとか通れるレベル。できれば、早期に改修していただきたいスロープです。

 

店内は十分にバリアフリー。特に農産物系の販売コーナーの通路幅に余裕があるのは特筆ものです。よく車椅子ぎりぎりの幅に設定して、棚を配置してしまうのですが、ここは大丈夫。余裕で車椅子での回遊ができます。

 

店内には休憩コーナーもあり、こちらも車椅子で利用可能。それほど大きくない店舗ですが、全体的に空間が余裕のある設定になっています。

おいしい市場

店内に障害者用トイレがあります。屋内トイレの存在はありがたい。ただちょっと残念。やや狭く、かつ設備はウォームレットまでのウォシュレットなし。惜しいところです。

設備は予算に余裕があるときに更新すればいいのでしょうが、広さの改修は大変です。設計者が車椅子での利用実態をよく知らずに図面を引いたパターンと見ました。

 

2011年のリニューアルですから、バリアフリーへの意識は十分にあったはず。店内へ向かうスロープも、破損したのではなく、もともとの設計がよくない。トイレも狭い。その一方、店内の棚などの什器の配置は余裕があります。

設計者は車椅子の世界をよく知らない、運営者は解っている、そういう施設でしょうか。ありがちなパターンではあります。

 

山梨の恵みは美味しい。特に夏から秋にかけては、八ヶ岳の取れたて野菜が美味しい。冬場も年内はそれなりに品がありますが、1月から3月はやや品薄。でもその時次第、何を求めているか次第です。ご自身でご確認ください。

 

道の駅認定ではありませんが、ほぼ道の駅と同じ機能を有すると思っていただいて間違いありません。むしろこのエリアの道の駅との比較では、バリアフリー度が高いショップだと思います。

 

特に店内の広さがヨシ。道の駅ではないからバリアだらけではないかと敬遠せずに、車椅子ユーザーはご利用ください。惜しいところはありますが、意外と使える市場です。