大平山自然公園謙信平(栃木県栃木市2015/05)

大平山自然公園 謙信平

 

~謙信平には障害者用トイレがありました、桜、紅葉、絶景が素晴らしいドライブコース~

 

上杉謙信があまりの絶景に目を見張ったという故事が伝わる「謙信平」のご紹介です。大平山は一帯が自然公園になっていて、大平山神社、桜のトンネル、あじさい坂と、観光名所が続々とあるエリアです。

 

ただし、全くバリアフリーではありません。車椅子どころか、健脚の方のためのエリアです。自然公園ですから、当たり前といえばそれまで。道幅は狭いながらも、ドライブルートはあるので、車椅子でもドライブ観光はできます。

 

大平山エリアに駐車場は3カ所あります。神社に一番近いのが「大曲駐車場」。十分な広さがある駐車場です。神社に近いといっても、大平山神社へは距離があるバリアだらけの山岳コースです。駐車場からの景色はそれほど広がりがありません。健脚の方のベース基地という位置づけです。

 

次が「あじさい坂駐車場」。こちらも広さは十分にあります。ここを拠点に、あじさい坂に向かいます。あじさい坂ですから、坂か、と思われるでしょうが、坂というよりもほとんど階段です。大平山神社に続く、約1000段の石段に2500株のアジサイが咲きます。体力勝負のアジサイ見物です。足自慢の方、チャレンジしてください。

 

最後のご紹介が「謙信平駐車場」。2か所に分かれて、合計50台分程度の駐車スペースがあります。障害者用駐車スペースはありません。好天の休日などは、ほぼ満車に近い時間帯が多いようです。

ここは「謙信平」絶景ポイントのすぐ近くにある駐車場です。乗降しやすい場所に無事に駐車できれば、車椅子でも観光できるスポットです。

 

ただし、バリアフリーなスポットではありません。歩道と道路の段差は当然あります。絶景ポイント側も、小規模なバリアは数知れず、オフロードもあり、小さな展望台は階段で上るタイプです。

 

でもご安心ください。展望台に上らなくても、十分に謙信が目を見張った絶景は楽しめます。条件がよければ、東京の高層ビルまで見えるそうです。今回訪問時は、好天ながらそこまでの眺望は無理でした。それでも、なかなかの眺めです。

 

この一帯には数軒の「お茶屋さん」があります。まさに昭和レトロ。新しいお店は全くなく、全店昭和の頃から一切改装なしでの営業継続中、という印象を受けます。

 

当然各店舗ともバリアフリーへの特別な配慮はありませんが、結果オーライで車椅子でも立ち寄り可能に見える店舗もあります。このお茶屋さん街も、強烈な坂道に面しているので、車椅子での寄りみち散策は力技になります。体力勝負で、バリアを乗り越えた絶景鑑賞とお茶屋さん巡りを楽しんでください。

大平山自然公園 謙信平

このバリアフリー面では全く期待がないエリア、「謙信平駐車場」にある公衆トイレをチェックすると、驚いたことに障害者用トイレが併設されていました。広さは十分、清潔感はまずまず、設備はウォシュレットなしレベルですが、実用に耐えるトイレです。

設備の印象からの判断ですが、建築後5年程度のトイレでしょうか。このトイレまで車椅子でたどり着くのに、様々な障害とそれなりの体力を要しますが、「謙信平」には障害者用トイレがあります。ご安心ください。

 

大平山一帯はドライブコースがありますが、道はところどころ狭く、運転には気を使います。そう思いながら「謙信平」で休憩していると、なんと教習所の車が「仮免許運転中」で登ってきました。すごい教習コースです。栃木の教習所は実践的です。ここで鍛えておけば、初心者マーク時代から怖いものはないでしょう。

 

栃木の観光案内情報では、大平山一帯が車椅子で行けるのかダメなのか、ほとんど情報はありません。基本は車椅子では無理です。ドライブコースとして“通過”して観光しましょう。

 

その中で、多少のバリアは乗り越えられる車椅子ユーザーは、「謙信平」は観光できます。せっかくですから、なるべく天気良い、絶景が楽しめる日を選んで、お出かけください。