大谷公園(栃木県宇都宮市2014/10)

 

~一見バリアフリーですが大谷石の歩道が車椅子には辛い、巨大観音様の公園~

 

大谷石で有名な宇都宮市大谷町にある無料の公園です。

大谷石の採掘場跡の巨大な地下空間をみる施設が人気ですが、そこはバリアフリー度ゼロ、すべて階段や梯子で移動する施設なので、車椅子ユーザーは諦めましょう。

こちらの公園は、車椅子でもなんとか挑戦できます。

 

アクセスは車。広大な無料駐車場があります。出入り口に最も近いあたりに、障害者用駐車スペースあり。どこに停めても大丈夫な状況ですが、せっかくなので利用させてもらいましょう。駐車場から道を渡ると、大谷公園のエリアに入ります。

 

大谷石でできた巨大な観音様や大谷石の居壁、親子ガエルに見える大谷石の巨石などが見どころです。フラットな通路があり、車椅子で向かいます。

ここで問題発生です。歩道は、おそらくサービス精神で大谷石が敷き詰められています。これがデコボコガタゴト、なかなかにきつい振動を発生させます。大谷石はこんなにデコボコしているのか、とビックリしました。仕方がありません。車椅子は衝撃を和らげるために、ゆっくりと進みましょう。

 

通路脇の建築物で、総大谷石造りの民家が何軒かあります。この公園エリア内以外でも、付近には総大谷石造りの民家が散見されます。石の家は夏涼しく冬は暖かい。いいですね。この界隈、庭壁はほとんどのお宅が大谷石。当然といえば当然です。

大谷公園

さて、デコボコガタゴトに耐えながら公園奥に到着です。

巨大な観音様や大谷石の居壁、親子ガエルに見える大谷石の巨石などがあります。

 

観音様には横に階段があり、健脚な人は上って行けますが、車椅子ユーザーは諦めます。

またカエルの石も、階段を上って上から眺めるとカエルに見えると推奨されています。こちらも車椅子ユーザーは諦めましょう。

 

石の居壁は、健脚の人も皆さん見るだけです。ただこの公園内、下から眺めるだけでも、見る価値がある光景です。大谷石のガタゴト通路に耐えて、頑張って見に行きましょう。

大谷公園

公園の通路脇にある公衆トイレが、とても新しく綺麗で、障害用トイレも併設されています。公園の一戸建て形式のトイレとしては、びっくりするくらいピカピカです。安心してご利用いただけます。

 

公園の入り口付近には、かつては繁盛していたとおもわれる、大きなお土産屋さんや飲食店の廃墟が並んでいます。どこかの時代までは、観光バスがガンガン来て、観光客がお金を使っていたのでしょうね。往時の隆盛が偲ばれます。

 

場所は東北自動車道の宇都宮ICと鹿沼ICの真ん中あたり。車椅子ユーザーの場合、それほど長時間滞在する必要はない公園でしょう。ちょっと時間があるときなど、大谷石歩道の、デコボコを味わいにおいで下さい。