オーダーメイド シューズ

オーダーメイド シューズ

~①公的助成金の申請編~

 

障害のある人、特に下肢の障害がある人は、既成の靴が合わなくて苦労することが多いのです。足そのものに奇形があり既成靴が合わない人。足の動きが特殊な人、靴と連動した補装具をつける必要がある人など、それぞれです。

一般的には障害者の枠にはまらない人でも、ひどい外反母趾や偏平足などで、既成靴が合わなくてお悩みの人も多いと思います。オーダーメイド シューズ、近年人気がありますね。

 

障害者手帳を持っている人の場合、行政から助成を受けることができます。助成を受けるための一般的な流れです。

 

先ず本人からお住まいの市区町村に対して「申請」を行います。次に行政が認めている医師の診断を受け、オーダーメイドの靴が必要であるという「判定」を受けます。そして行政が認定している靴の製作業者に「見積り」を出してもらいます。最後に、医師の判定と業者の見積もりを行政に提出して助成支給の「決定」を受けます。後は作るだけです。

 

この「申請」→「判定」→「見積り」→「決定」の具体的な方法は、市区町村や申請者の年齢などによって変わります。初心者が一人で全部こなそうと思うと大変です。慣れている人と一緒に進めましょう。

 

生まれつきの障害がある人の場合、最初のオーダーメイド シューズの申請は、早くて幼稚園・保育園年代、普通は特別支援学校の年代になります。

オーダーメイド シューズ

学校組織には、一緒に対応してくれるスタッフが、大概はいます。一定規模以上の特別支援学校の場合は、学校のPT担当の先生が面倒を見てくれます。校医に整形外科の先生もいます。学校に出入りしている、靴を作る業者さんもいます。

 

よくあるパターンとしては、学校のPTの先生が保護者と相談して、どういうタイプのオーダーメイド シューズを作成するのかを決め、それが得意な優良な業者さんを紹介。同時に校医の整形外科医による「判定」作業をアレンジします。

 

業者さんは商売なので、熱心にサポートしてくれます。行政への「申請」も書類などガンガン準備してくれます。もちろん「見積り」は本業です、張り切って作成します。

行政から「こんな高い靴が本当に必要か」などの質問が来た場合は、代行して行政に交渉してくれる業者さんもいます。業者さんは「決定」されたらこっちものです。

 

助成は、本人や保護者の収入、装具の値段などに応じて、自己負担分があるのが普通。全額助成は極めて稀でしょう。

またサイクルは一定期間以上必要です。よほどの合理的な理由がない限り、毎年の助成などはしてもらえません。

 

さて助成の「決定」まできました。いよいよオーダーメイド シューズの製作です。

 

 

~②シューズの製作編~

 

さて、オーダーメイド シューズの足型の採型、採寸です。これは製作業者さんの仕事です。あちらこちらを測って、石膏で型もとります。じっと採型、採寸に協力してくれる人なら問題ありませんが、そうではない人は大変です。せっかくのオーダーメイド シューズの製作です。なんとか本人に協力をしてもらいます。

 

両足の型をとります。型が固まるまでの少しの間、じっとしていることが必要です。なかなかビシッといかなくて、余計に時間がかかり、本人の抵抗がますます激しくなることがよくあります。まさか麻酔で眠らせるわけにもいかず、対策に決め手はありません。関係者一同で、何とか頑張るしかありません。

オーダーメイド シューズ

さて、足に奇形のある人の場合、中敷き(インソール)を併用するとより使いやすい靴になります。オーダーメイド シューズに入れるインソールも、当然オーダーメイドです。こちらも医師の判定と行政の決定があれば、助成対象になります。下肢障害のある人の場合、偏平足や踵の上り、踵が内倒れしていることがよくあります。こういう方は、インソールを併用します。

 

靴とインソールを同時に作成します。手間のかかる仕事です。仮合わせをして、テスト。細かい調整を入れます。そして仕上げ。作ろう、と思ってから完成までには、月単位の時間がかかります。出来上がりに納得できたら、自己負担分を業者さんに支払います。これで完了です。

 

せっかくつくったオーダーメイド シューズです。どんどん利用しましょう。普通の靴でもブランド靴など高価なものは、直して使いますよね。障害のある人向けの高価なオーダーメイド シューズも同様です。靴底のラバーの減りは交換して直します。留めバンドも傷みやすい部位です。ほとんどの箇所は修理交換が可能です。長く使えるという前提で、機能はもちろんデザインやカラーも選ぶことが重要です。

 

デザイン、カラーですが、障害のある人向けのオーダーメイド シューズ、やはり機能優先で、正直あまりカッコイイ靴は無いですね。どうかデザイン畑の皆様、カッコいいオーダーメイド シューズをデザインしてください。お願いします。