印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18」(東京都文京区2019/03)

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

~美しい本のコンクール入選図書を手にとってみることできます、毎年恒例の無料企画~

 

○会場はP&Pギャラリー

印刷博物館の恒例企画「世界のブックデザイン」。今回は2018年12月15日から2019年3月31日までの開催です。

会場は印刷博物館1FのP&Pギャラリー。入場無料の企画展です。

会場はフラット構造でバリアフリー。車椅子での来場および展示鑑賞は可能です。障害者用トイレは印刷博物館B1にあります。

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

○世界の美しい本を楽しむ

展示される本は2017年から2018年に開催された「世界でもっとも美しい本コンクール」の入選図書と、世界7か国のコンクールに入賞した図書です。

多くの図書は車椅子から手の届く高さに展示されます。一部やや高い展示台がありますが、車椅子から手を伸ばせば届く高さです。

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

○手にとって読める

「世界のブックデザイン」の特徴は、展示されている図書を実際に手にとって読めることです。

壊れやすい図書には「取扱注意」という表示があります。一部汚れが付きやすい本の横には白い手袋が置いてあります。該当の本は、手袋をして触るルールです。

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

○世界の本に驚く

展示される図書をみると、世界には様々なデザインの本があることに驚きます。「2018世界でもっとも美しい本コンクール」の「金の活字賞」を受賞したのは、スイスの本でした。

印刷博物館「世界のブックデザイン2017-18

○変わった本にまた驚く

もの凄く大きな判型の本があります。特殊な印刷技術を用いた本もあります。非日常的なデザインの本にも驚きます。

 

毎年、12月から3月にかけてP&Pギャラリーで開催される恒例企画。「世界のブックデザイン」展は、車椅子で来場可能、鑑賞可能です。