障害のある子とリトミック

リトミック

障害のある子の療育に用いられるリトミック。

楽しく遊びながら総合的な発達を促す音楽療法です。様々なやり方がありますが、幼稚園年代くらいの子どもへの、集団で行うリトミックの実例をご紹介します。

 

メインのスタッフは、指導にあたる先生と音楽を担当するピアニストです。一般に楽器はピアノが使用されるケースが多いようです。他に参加する子どもの人数に応じた補助スタッフ数名。道具の出し入れや、子どもの相手、その場の“盛り上げ”などを担当します。

幼稚園年代なら、親も一緒に参加することがあります。もちろん近くで見守っているだけ、というやり方もあります。

障害のある子とリトミック

先生の主導によりリトミックが始まります。

最初は音楽に合わせた体操。体を動かしてウオーミングアップを行います。

次はストップ&ゴー。音楽が流れると歩いて、音楽が止まるとストップします。音楽が始まるまで、そのまま動かないのがルールです。

次は思い切りジャンプ。音楽の節目で飛び上がります。体の不自由な子の場合は、「高い高い」をしてあげます。

 

次は楽器の演奏。自分の好きな楽器を使って、ピアノに併せて自由に演奏したり、順番に大太鼓をたたいたりします。

次は障害物競争。輪くぐりやロープに沿って歩くなど、音楽に合わせて簡単なコースを通ります。

次は大きな風船をトス。スタッフの方と楽しく遊びます。最後はくるくる回るバルーン遊び。小さくしたり大きくしたり、中に入ったり出たりと音楽に合わせて体を動かします。

 

集団で行うリトミックは、おおよそこんなイメージです。

 

リトミックは、スイスの作曲家・音楽教育家エミール・ジャック=ダルクローズによって考えだされた音楽教育法です。直接的な医療行為ではないので、障害のある子にどんな効果があるのか、断定的なことは言えません。しかし、リトミックを通じて音楽が好きなれば、この先の発達の、なんらかのきっかけにつながる可能性は高いでしょう。

 

理屈をこねれば、集団活動による協調性の獲得、遊びを通じたルールの理解、自己を表現する喜びを知る、などいろいろな効果があげられます。

各地で様々な教室が開催されています。障害のある子どものご家族の方は、楽しく遊べればそれでよし、くらいの気持ちで積極的に参加されるのはいかがでしょうか。

知り合いが増えるという意味でも、お薦めします。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】