国立西洋美術館「ルーベンス展」(東京都台東区2018/10)

国立西洋美術館「ルーベンス展

~画家の王のタッチを存分に楽しめます、車椅子でとても見やすい企画展~

 

○西洋美術館企画展示室で開催

バロックの王「ルーベンス展」は、国立西洋美術館で2018年10月16日から2019年1月20日の開催。観覧料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。

開幕して間もない週末に訪れましたが、それほどの混雑はなく、車椅子でしっかり鑑賞することができました。展示方法はオーソドックスですが、大型の作品が多く、通路幅は余裕があるので、車椅子でとても見やすい企画展です。

国立西洋美術館「ルーベンス展

○超大型スクリーンで4K映像

企画展示室への車椅子ルートは、1FからエレベーターでB1へ。B1の企画展受付で障害者手帳を提示して入館手続きを行い、別のエレベーターでB2へ。B2が企画展会場の入口です。

B2の会場入口前が、企画展のガイド放映が行われるスペースです。「ルーベンス展」では、今まで見たことがない超大型スクリーンでの「アントワープ聖母大聖堂」の祭壇画の紹介が放映されています。車椅子からの鑑賞は可能です。

 

○車椅子での動線

会場内を鑑賞する車椅子での動線を紹介します。

B2入口から第一部「ルーベンスの世界」第二部「過去の伝統」を鑑賞します。ここから健常者は階段でB3へ。車椅子利用者はスタッフの誘導で会場の外に出て、エレベーターでB3へ下ります。

B3が第三部「英雄として聖人たち」。鑑賞後はエレベーターでB2へ上がり。スタッフの誘導で第四部「神話の力1」へ行き、第五部「神話の力2」第六部「絵筆の熱狂」最終第七部「寓意と寓意的説話」と順に鑑賞します。

その先健常者は階段で出口へ向かいます。車椅子利用者はスタッフの誘導でロールカーテンを2か所くぐり、B2のフロアへ出ます。そしてエレベーターでB1へ。別のエレベーターで1Fへと乗り継ぎます。

国立西洋美術館「ルーベンス展

○大作の迫力

展示作品は約70点。内ルーベンス作品が約40点という構成です。様々な見どころがありますが、やはりルーベンスの大作の迫力が凄い。筆遣いが分かる近い距離で鑑賞すると圧倒されます。最大の作品は高さが3メートル近くあります。

 

○ある程度までの混雑なら車椅子で可

会期末に向けて混雑が予想される「ルーベンス展」ですが、主要な作品のサイズが大きく、通路幅に余裕があるので、多少の混雑なら車椅子からの鑑賞はなんとか可能だと思われます。

 

 

B2とB3間の移動が、健常者とは異なるルートになります。スタッフの誘導にしたがって下さい。「ルーベンス展」は西洋美術の王の筆を観る、正統派の企画展です。