道の駅しもべ(山梨県身延町2015/01)

道の駅しもべ

道の駅しもべ

~味噌作りなどの体験企画があります、田舎感あふれる山中の道の駅~

 

近隣に商業集積や一般集落はありません。山の中です。下部農村文化公園と併設され、園内にはバーベキュー広場、移築民家、芝生広場、そば処、特産物販売所、ホタルの学習ができるホタルドームなどがあります。

もはや老舗の風格が漂う道の駅ですが、古いながらバリアフリー要件は満たしています。安心して車椅子でご利用ください。

 

ネットでの情報発信を熱心にはおこなっていない道の駅です。しかも、それほど一般の観光ルートとは言い難い路線にあるためか、一般ユーザーからの情報発信量も少ない道の駅です。

この道の駅のバリアフリー目線の情報をネット上で探してみましたが、全く見つかりませんでした。どんなところで、何があるのか、調べようとしてもほとんどネット上に詳しい情報が無いという、ある意味希少な存在の道の駅。ネット界の秘境にある道の駅です。

 

駐車場です。障害者用駐車スペースが1台分しかありません。でも広々駐車場です。きっと何とかなるでしょう。

 

各施設に向かうには、傾斜や段差がありますが、すべてスロープ対応ができています。それほどひどい傾斜のスロープではないので、車椅子ユーザーは安心してご利用ください。

 

トイレはメインの産直ショップなどがある建物の中にあります。障害者用トイレは一つ。広さは十分、設備はウォシュレットなし、ウォームレットありレベルで、実用に問題はありません。安心してご利用ください。

 

農産物、加工品、地元名産品などが並ぶショップコーナーの通路幅は並みレベル。車椅子でもそれほど不自由することなく、店内を回遊できます。この年代の道の駅としては、ゆとりがある設定の通路だと思います。

 

メイン施設の中に、体験ができる広い調理室があります。今回訪問時は、味噌作りの体験企画が行われていました。ガラスで丸見え構造。6名の女性が参加していました。

この体験イベント、ネット上での情報は全く見つけられません。また味噌作りなので、今日一日で味噌は完成しないでしょう。

この参加者6名が、どこのどんな人で、どうやってこのイベントを知り参加を申し込めたのか、味噌をどうやって完成させて持ち帰るのか、すべては謎です。

 

メイン施設の奥に、自由休憩スペースがあります。ここに、二頭の熊の剥製が無造作においてあります。剥製の頭をなぜながら、横に並べます。これほど触り放題の剥製も珍しい。車椅子で、熊二頭とのスリーショットのチャンス。記念撮影をお楽しみください。

 

別棟で茅葺の民家を再現したそば屋があります。まだ利用したことがなく、外からみた限りですが、床面はフラットでテーブル席があるので、おそらくは車椅子でも利用可能でしょう。ちなみにバーベキュー場の利用は、事前予約制です。

 

富士五湖方面からアクセスする場合、本栖湖の先からは下りのワインディングロードが連続します。道路の改良が進み、今や道幅は狭くはありません。昔のような苦労はせずに、ここまで来ることが出きます。

 

冬季は好天でも、スタッドレスタイヤが安心でしょう。ノーマルタイヤのドライバーは、十分に気をつけておいでください。

 

ナカナカの田舎感あふれる山中の道の駅です。ゆっくりとした時の流れを、ご堪能下さい。