車椅子で新幹線に乗る

その昔、アンドレ・ザ・ジャイアントというプロレスラーが、狭い新幹線の乗車口を通るのに人に押してもらって入った、という逸話がありました。新幹線は乗降口も通路も、結構狭いのです。狭いということは、すなわち車椅子にとっては鬼門。ただし、特別な仕様の席と車両があります。十分な準備をして、快適に利用しましょう。

 

比較的軽度な障害の車椅子ユーザーの場合です。つかまり立ち、介助歩行くらいなら出来て、使用する車椅子もペッタンコに折りたためるようなタイプの人で、且つ介助者も同行している。こういうレベルの人なら、車椅子の置き場さえ確保できれば、何とかなるはずです。狙い目は各車両の進行方向一番後ろの席です。シートの後ろの壁との隙間に折りたたんだ車椅子が入るようなら、シメタモノです。

空いている状況であれば、当日駅に行ってから、窓口で座席指定をして、乗降の時のスロープだけ駅員さんに支援してもらえれば、新幹線を利用できるはずです。通常の洋式便器のトイレで用が足せるなら、怖いものなしです。

車椅子で新幹線に乗る

さて、重度の人の場合です。ほとんどの新幹線には、一両だけ、広い乗降口、車椅子用のスペースまたは車椅子が入る多目的室、そのそばには車椅子用のトイレが設置されている車両があります。何が何でもここを押さえましょう。

現時点ではネット予約はまだできません。主要な駅の窓口に行くか、電話するかをして、アナログに予約します。予約は早いもの勝ちです。希望の列車を押さえるには、売り出し直後にすぐに予約を入れましょう。

 

この予約した時点で、利用駅の何処に、何時までに来てください、という話があります。駅員さんが誘導してくれるのです。この指定時間が、妙に早い時間なのです。なんでそんなに早くいくの、というくらいです。覚悟をしてください。それでも現在では、ほとんどの新幹線の駅はバリアフリー化されています。昔に比べれば、指定時間は遅目になったと思います。

車椅子で新幹線に乗る

さて、当日駅に到着です。集合場所に行きます。駅員さんが迎えに来てくれ、誘導してもらえます。余裕をもって、ホームの乗降口に到着するはずです。

 

列車が到着。スロープを敷いてもらって乗車です。予約した車椅子スペースや多目的室まで、案内をしてもらえます。駅員さんのサポートは、原則ここまで。重度障害のある人のリスクのある座席への移動の介助などは、原則してもらえません。トイレの介助もダメです。もちろん医ケアなどは出来ません。こういうことは、本人及び介助者だけで完結させることが原則です。障害に応じて、必要な準備をして乗車してください。

 

目的地に到着、降車です。駅員さんがまた降車を誘導してくれます。在来線への乗り換えが、あまりバリアフリーではない駅もあります。そういう場合は、もちろんそこまでサポートしてもらえます。不慣れな駅でしょうから、遠慮せずに駅員さんを頼ってください。

 

JR系は、運賃の障害者割引があります。お得な切符もいろいろあるので、それとの比較ではありますが、賢く利用しましょう。

 

新幹線は車椅子でフリーに飛び込みで利用しようと思うと、大変な目に合います。必ず十分な準備をして、ご利用ください。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】