代々木公園の紅葉黄葉(東京都渋谷区2016/11)

~オオモミジの黄葉は見事です、様々な色が混じり合う晩秋が美しい公園~

 

代々木公園のベストシーズンは、桜の春と紅葉の晩秋。紅葉の名所としての知名度は高くはありませんが、十分に紅葉や黄葉を楽しめる都心のオアシス。特に真黄色に染まるカエデ、オオモミジの黄葉は凄い。写真を撮る人が絶えません。車椅子でも近づけるレベルのオフロードにあるオオモミジです。

 

もっともアップダウンがなく、車椅子で楽に入園できるのは「原宿門」です。

そこから園内の通路を通り公園散策。ほぼ全域、それほどのアップダウンもなく、車椅子で快適に動ける公園です。

 

通路を外れると園内はオフロード。一部、木の根などで激しくガタツク箇所もありますが、オフロードでも慎重に移動すれば車椅子でも通行できるエリアが多いので、美しく色づく多くの木々に車椅子で近付くことが出来ます。

桜の時期のような、混雑はありません。大人の雰囲気で、シックな秋を楽しめる代々木公園です。

 

原宿門の近くにある大きな松の木は、例年11月の終わりに「雪吊り」が行われます。松に「雪吊り」が付くと、東京も晩秋から初冬へ。季節の変わり目を感じる風物詩です。

 

代々木公園は黄葉が先行し、紅葉が追い上げるのが例年のパターン。年によって違いはありますが、黄葉は11月中旬から、紅葉は11月下旬からが本番。したがって、11月の下旬が、赤黄揃うベストの時期になります。

都立代々木公園の紅葉黄葉

色付く木々は、園内に広く点在しています。お気に入りの黄葉と紅葉を求めて、広い園内を散策しましょう。広さは東京ドームの10倍を超える公園です。

 

原宿駅、明治神宮前駅、代々木木公園駅からは至近。駐車場もあり、都立なので障害者手帳の提示で駐車料金は無料に減免されます。ただし公園の駐車場は、すぐに満車になり、それが終日続くことが多いのでご注意ください。

 

園内のトイレのほとんどは、障害者用トイレが併設。一般的な公園として、バリアフリー面での大きな問題はありません。

 

この地が最初に開発されたのは、旧日本軍の代々木練兵場として。

戦後の占領期は「ワシントンハイツ」に。長く軍用地として利用されてきました。

昭和39年の東京オリンピックで一部エリアが選手村として利用され、その後昭和40年代に全面的に再整備されて、段階的に公園として開放されました。

 

一般的に代々木公園の開園は昭和42年とアナウンスされていますが、その段階で一般開放されたのは、NHK側のほんの一部だけです。地下鉄千代田線も開通していません。

現在の公園区画の全てが一般開放されたのは、5年後の昭和47年のことです。

 

明治時代から軍用地として利用された場所ですが、現在黄葉や紅葉が楽しめる樹木は、そのほとんどが昭和40年代以後に植栽された木だと推定されます。

 

したがって、隣接する明治神宮とは違い、樹齢100年を超えるような樹木は、ほとんどありません。それでも開園して40年以上の歳月が流れています。立派な巨木が、晩秋の都心を彩ります。

 

今回訪問して印象深かったのは、高齢者のお散歩がとても多いこと。特に80代くらいのご夫婦のお散歩姿が、とても目に付きました。

当然あるく姿はゆっくりと。バリアフリーな公園です。

 

商業地域と住宅地域が、いい塩梅に重なっている立地。

半世紀近い歳月の積み重ねで、立派になった植栽。

晩秋がよく似合う、代々木公園へぜひお出かけ下さい。

旧古河庭園 秋のバラフェスティバル(東京都北区2016/10)

~バラ園は人人人、それでも車椅子でバラ鑑賞が出来る筋金入りバリア庭園の実際~

 

例年、秋バラ開花シーズンの10月に開催される「秋のバラフェスティバル」。好天の日は、かなり混雑します。ただでさえ、ここはバリア庭園。そこに混雑が加わるので、車椅子での来園は大変です。

それでも、バラが植栽されているのは、わずかしかない車椅子可動ルートの周辺。名高い「旧古河庭園」のバラを、車椅子で鑑賞することはできます。

 

庭園への入口を抜けると、すぐに砂利道になります。車椅子でどうにもならないほどの砂利ではありません。元気な人なら、介助者無しでも通行可のレベル。

 

入園料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免されます。入口近くに有人対応の窓口があるので、そこで障害手帳を提示します。

 

そして洋館にむかって砂利道を進みます。

 

入口から進んだ洋館の手前に、最初のバラゾーンがあります。このゾーンは、車椅子でバラのまわりを回遊できます。通路幅も余裕があるので、ゆっくりご覧ください。

旧古河庭園「秋のバラフェスティバル」

洋館の南側の前庭が次のバラゾーン。ここも車椅子で行くことができますが、通路幅が狭くなり、他に鑑賞者がいると車椅子で通ることは難しくなります。そのまま進み、車椅子では、洋館の南側玄関の前でUターンをする動線です。洋館の南側玄関先に階段があり、そこを降りるとメインのバラゾーンが広がります。

 

残念ながら、メインのバラゾーンには車椅子では行けません。それでも、階段上の洋館南側前庭のバラゾーンから、階段下に広がるメインのバラゾーンを見下ろすことができます。それはそれで見事な光景です。しっかり目に焼き付けましょう。

 

今回訪れたのは、好天の休日の午後。階段下に広がるメインのバラゾーンは、人、人、人。やや狭い通路は人で埋まっています。仮に段差がなくメインのバラゾーンに行けるとしても、車椅子での通路通行は、混雑でかなり困難でしょう。

 

「旧古河庭園」でバラを鑑賞するベストポジションは、階段下に広がるメインのバラゾーン。洋館を背景にして、目の前のバラと、階段の上の洋館南側前庭のバラを重ねて見ることが出来る、この場所です。車椅子ではたどり着けない場所がベストポジション。残念ですが、そういうことだと思って、お出かけ下さい。

 

車椅子で移動可能な範囲は、本当に庭園出入口から洋館前までの、ほんの少しのエリアだけです。

 

洋館内での有料見学会や、喫茶コーナーがありますが、洋館の出入口は段差ありです。

 

洋館の裏側を通る「馬車道」と呼ばれるオフロードは、庭園のガイドブックでは「車椅子利用可(要介助者)」となっていますが、かなり大変なルートです。

 

このオフロードを庭園半周分頑張って進めば、「日本庭園」を眺めることができるスポットにたどり着きます。オフロードが苦ではない車椅子利用者は、挑戦してください。

 

トイレは「芝生広場」の奥。公衆トイレに障害者用が併設されていますが、あまりお薦めできるレベルのトイレではありません。

「旧古河庭園」入口の道を挟んだ斜め前に「滝野川会館」という北区の公共施設があります。この会館内には、複数の障害者用トイレがあります。こちらのトイレの利用をお薦めします。

旧古河庭園「秋のバラフェスティバル」

コンドル設計の洋館と洋風庭園、そして京都の庭師の仕事による日本庭園が共存している「旧古河庭園」です。キャッチコピーは「和と洋が調和する大正の庭」。車椅子を拒む、筋金入りのバリ庭園です。

 

それでも、バラの季節は、見る価値はあります。そもそも、都の宣伝も派手でバラの名所として有名ですが、それほど広いバラ園ではありません。メインのバラ園は上から見下ろすことでヨシとするなら、すべてのバラを車椅子で見ることは出来ます。

 

「バラフェスティバル」は春と秋。美しいバラが楽しめます。入園料の支払いで、入口に行列ができているかもしれません。

 

混雑を覚悟し、車椅子での可動可能域は極端に狭いことを認識し、「滝野川会館」でトイレを借りて、「バラフェスティバル」へとお出かけください。

古河総合公園(茨城県古河市2016/03)

~3月は「桃まつり」で盛り上がります、日本一の花桃の里を標榜する桃林がある公園~

 

いつもは空いている自然公園ですが、「桃まつり」期間中は大変な賑わいです。例年3月中旬から4月上旬頃が「桃まつり」期間。園内の約30%が桃色染まる公園です。

 

桃林のエリアは、基本はバリアフリー。メイン通路だけなら車椅子で問題なく通行できます。

桃林内の通路、および「桃まつり」のメイン会場になる広場はオフロード。それでも頑張れば車椅子で通行可能な、デコボコレベルです。

 

駐車場は広大。それでも「桃まつり」ピーク時間帯は周辺道路が大渋滞します。公園からやや離れた市役所や市民球場の駐車場が無料開放。駐車場の情報はHPで開示されているので、事前にチェックしてください。

 

車椅子利用者なら、やはり公園の駐車場を利用したいところ。今回、「桃まつり」期間の休日14時頃に、公園の駐車場への渋滞にまともに突っ込み、約20分程度の待ち時間でした。これくらいなら、待てる人が多いのではないでしょうか。お昼前は、もっと混むのではないかと思われます。

 

通常期は無料の公園駐車場ですが、「桃まつり」期間は有料になります。公園駐車場入り口に到着すると、誘導のスタッフがいるので車椅子利用の旨を申告相談してください。複数箇所に障害者用駐車区画が用意されているので、空いている場所に誘導していただけます。料金は後払いで500円。駐車料金の障害者減免はありません。

 

「古河総合公園」の正面入り口から入ると、デザイン建築の「管理棟」があります。

障害者用トイレはここに一つ。もう一つ、公園内の「芝生広場」横の売店がある建物内にも障害者用トイレがあります。

今回訪問時は、どちらのトイレも女性用トイレが大行列。それに連動して障害者用トイレも、女性用トイレの一つとして大行列になっていたため、トイレ内部をチェックできませんでした。

ただ、外観は綺麗なトイレなので、おそらくは車椅子で実用に耐えるレベルのトイレだと思われます。

古河総合公園

「古河総合公園」は大きく「桃林ゾーン」と「御所沼ゾーン」に分かれます。

「桃林ゾーン」の半分以上は本当に桃の林。公園全体の30%程度の面積が桃の林です。全体で22.4haの公園ですから、7haから8haが桃の林になる計算。全部で何本の桃の木があるのかは不明。

現地の林の中に「桃の木1万本計画」と書いてある掲示版があったので、まだ1万本未満なのだと思われます。

若い木も多く、植林が現在進行形で進んでいる気配。目標の1万本に向かっている「古河総合公園」です。

 

桃の花といえば、山梨県の桃源郷エリアが有名。ここは公園の桃林なので、山梨の桃源郷のような広大さはありません。それでも十分に美しい桃の花が楽しめます。

公園の中なので、車椅子で桃の花を楽しむなら、コンパクトな分、山梨の桃源郷よりも安心感があります。

 

元々この地が、江戸時代に桃の木の植林が盛んだったことが始まり。ただし現在の公園の桃の木は、戦後に植えられたものばかり。2016年の「桃まつり」で、第40回という歴史です。

 

行く価値あり、見る価値ありの「桃まつり」です。ただし期間中の休日にお出かけする場合は、トイレの混雑は覚悟。

車椅子で観桃を普通に楽しむなら、1時間も散策すれば十分に一周できます。渋滞で30分、更に余裕を30分とっても、合計2時間コースの散策。

公園に行く前に近くで休憩をしておけば、トイレに行かなくてもすむ程度の時間です。

 

出来れば、事前にしっかり休憩をしてから、車椅子でお出かけすることをお薦めします。