谷川岳ロープウェイ(群馬県みなかみ町2014/01)

谷川岳ロープウェイ

バリアフリー自慢のロープウェイのご紹介です。日本百名山の谷川岳の天神平まで登る谷川岳ロープウェイ、車椅子で快適に利用できます。

 

ロープウェイ専用の駐車場が山に沿ってビルのように建設されています。1Fから5Fが駐車用で、障害者用駐車スペースもあります。駐車料金は1000円。ビルの中のインドア駐車場なので、外は雪でも乗降に不自由はありません。

 

6Fが切符売り場になっていて、1Fから5Fの各階からエレベーターでアクセスできます。ちなみに、障害者手帳の提示で、ロープウェイ利用料金が、本人だけ半額に減免されます。

 

障害者用トイレは6Fにあります。7Fがロープウェイ乗り場。6Fから7Fにはスロープでの移動で、ここは介助の方が必要なレベルの傾斜です。車椅子で一人の方は、スタッフの方に手伝ってもらったほうが無難でしょう。

 

ロープウェイへの車椅子での乗降は、素晴らしく快適。段差、隙間なしで乗降ができます。私の知る限り、これ以上車椅子で快適に乗降できる乗り物はありません。お薦めします。

 

10分弱で天神平に到着。運行中は車内に観光アナウンスが流れます。谷川岳やロープウェイに関する知識が増える時間です。風光明媚、景色を楽しんで乗りましょう。

 

天神平駅にもレストラン、売店の施設が併設されています。カレー1000円、という感じのメニュー。

そして天神平の駅からはスロープで出られます。ここまではバリアフリー、ここからはただの大自然。当たり前ですが、ごつごつガタガタの山の道になります。よほどのファイターでない限り、天神平を車椅子で闊歩する、というのは難しいでしょう。駅のレストランから景色を眺める、という利用の仕方が無難だと思います。

 

そう割り切ってしまえば、車椅子で冬季も利用可能です。天神平はスキー場になります。気温は昼でも氷点下が不通ですが、屋内駐車場に駐車して、バリアフリーロープウェイで登り、レストランでお茶をすることは可能です。標高1300mの冬山を車椅子で体感できる希少な場所です。

 

周辺は一ノ倉沢までは車で行けます。一ノ倉沢の無料駐車場からは、谷川岳の雄大な岸壁が。お出かけしたら、せっかくですから一番奥の一ノ倉沢まで足を延ばして谷川岳の大自然に触れてください。