福祉タクシー/介護タクシー

福祉タクシー,介護タクシー

身体障害のある人のお出かけの味方、福祉系タクシーのご紹介です。

 

近年では事業参入者が多く、都市部では過当競争の様相を呈しています。タクシー事業ですから認可制です。認可事業としての区分けではありませんが、利用者側から見た場合、元気な人の利用か、病気で重症の人の利用かで、大きく2つに利用シーンが別れます。

 

例えば、基本は元気な車椅子ユーザーがお出かけに利用する場合なら、車椅子ごと乗り込める機能のあるワゴン系車両のタクシーの利用が一般的です。この利用シーンは、実際の利用経験は無い人でも、だいたいイメージが思い浮かぶでしょう。

 

運転手さんは一人。スロープまたは昇降機をセットしてくれて、ちょっとの介助だけで車の後ろから乗り込みます。

 

様々なタイプのタクシー車両がありますが、最大数の同乗者を可能にするのは、3列シートの車両で、3列目の半分に車椅子が入るタイプ。総定員数が7名の車両の場合、運転手さんが1名なので、最大6名が同乗できます。

 

良くあるのは最大4名同乗タイプでしょうか。同乗者の数が重要です。手配の際に、業者さんに相談しましょう。

 

料金は、通常のタクシー料金に、介助料1000円プラスくらいが相場です。更に介助してもらうことがあると、これに加算されます。

 

深夜割増もあります。遠距離利用や観光利用などで長時間利用する場合は、距離制ではなく時間制を選択することもできます。普通のタクシーを予約して利用する場合と、同じ感覚で利用できるといっていいでしょう。

 

 

病気で重症の人が利用する場合です。

例えば、酸素吸入が必要な状態で地元の病院に入院し、そこから患者サイドの希望で、大学病院に転院するときの利用などをイメージしてください。

 

ストレッチャーで乗れるタイプの車両で、酸素ボンベ装置付き、運転手さんの他に、医療的ケアが出来る有資格の介助者が同乗するようなタクシーになります。正式な名称ではありませんが、介護タクシーとか民間救急車などと自称している業者さんが多いようです。

 

利用シーンの実例です。

入院中の病室で、ベッドから車用のストレッチャーに乗ります。普通、病院の看護師さんも手伝ってくれます。タクシーのスタッフの介助で車両へ移動、通常救急車が到着する場所などに駐車して待っています。

 

ストレッチャーがそのまま入る改造車両です。衝撃を感じることなく、乗りこめます。3列シートタイプのミニバンがベース車両の場合が多いのですが、ストレッチャーが2列目3列目の半分を占拠します。

 

したがって、運転席と助手席の他には、2列目と3列目に1席ある構造で、タクシースタッフ2名が、運転席と3列目の1席に座り酸素ボンベ操作などをするので、同乗できる家族は助手席と2列目の1席の2名が限界です。

 

運転はとても丁寧です。救急車ではないので、信号待ちもします。しずしずと進みます。ということで、普通より時間がかかると思ってください。

 

料金体系は、通常のタクシーとしての運賃に加え、介助する有資格者の人件費や酸素ボンベ使用料金などが加算されます。

 

料金のイメージですが、昼間に20km先の病院に1時間乗って転院した場合、通常の運賃が5千円、酸素ボンベ代が5千円から1万円、人件費が1万円から2万円くらいでしょうか。余裕があれば、事前に料金の見積もりをもらうことをお薦めします。

 

福祉系のタクシー、実際の使用感はこんな感じです。特に障害者への公的な助成はありません。必要に応じてどなたでもご利用ください。