東大建築ミュージアム(東京都文京区2018/11)

東大建築ミュージアム

~建物はバリアフリー改修された重要文化財です、東京大学総合研究博物館小石川分館~

 

○東大の無料博物館

「建築ミュージアム」は通称で、正式名称は「東京大学総合研究博物館小石川分館」。小石川植物園の西側エリアに建つ、「旧東京医学校本館」を活用した東大の無料博物館です。

専用駐車場はありません。徒歩なら駅から坂道を下り約10分。近隣にはコインパーキンギやパーキングメーター設置道路があります。

東大建築ミュージアム

○国の重要文化財指定

建物は明治9年の竣工。以後、改築や解体・移転などを経て、現在の地に移築されたのが1969年。翌1970年に国の重要文化財指定を受けました。

2001年に東京大学総合研究博物館小石川分館として開館。常設展、企画展、イベントなどが開催されています。

東大建築ミュージアム

○重文なのにバリアフリー

重要文化財指定の建物ですが、バリアフリー改修があり、車椅子で利用できます。現地の状況を詳しく紹介します。

東大建築ミュージアム

○エントランスへはスロープルート

建築ミュージアムに直結する小石川植物園の出口は、回転バー式の出口なので車椅子では通行できません。一般道路からの敷地内への入口は、大きな段差はない舗装路です。

建物内部へは裏側から向かいます。このエントランスへのルートはスロープです。

東大建築ミュージアム

○エレベーター&トイレ棟を増築

建物のエントランスに隣接して、エレベーターとトイレがある別棟が増築されています。1Fのトイレは障害者用トイレ。自動ドアが横開きでなく、縦に開くトイレです。2Fのトイレは一般の男女別トイレです。

東大建築ミュージアム

エレベーターは1基。十分に車椅子が入るスペースがあります。

東大建築ミュージアム

○フロア内はフラット構造

1F・2Fとも、フロア内は車椅子での通行の障害になるレベルの段差はありません。展示室の通路幅は余裕があり、車椅子での移動は可能です。

東大建築ミュージアム

2018年時点では、2Fの中央部にある常設展示のケースが高く、車椅子からの目線ではケース内の展示物を見上げることになります。

東大建築ミュージアム

○2F天井部は必見

1F、2Fとも、小石川植物園を眺望するテラスは、安全上の問題で立ち入り禁止です。

東大建築ミュージアム

建物そのものの内部見学ポイントは、2Fの天井部です。天井板がなく、屋根までの内部構造がすべて見えます。立派な梁が使用されている木造建築です。

東大建築ミュージアム

○常設展示は東大コレクション

常設展示されているのは、東大所蔵のコレクションです。また展示ケースに使用されているのは、東大にあった棚などです。この点は、丸の内KITTE内の「インターメディアテク」と同じです。

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

東大建築ミュージアム

重要文化財指定の明治建築物ですが、バリアフリーです。東京大学総合研究博物館小石川分館(建築ミュージアム)は、車椅子で見学できます。