東京体育館(東京都渋谷区2014/12)

~建築後ほぼ50年、バリアフリー改修によって車椅子でも利用可能な体育館~

東京体育館

スポーツの聖地、千駄ヶ谷駅前の東京体育館です。障害者スポーツの大会も、数多く開催されています。メインアリーナの他に、サブアリーナ、屋内プール、陸上競技場、多目的コートなどの設備があります。古い施設ですが、車椅子利用者のためにバリアフリー改修が進み、今や車椅子でも安心して利用できる施設です。

 

駐車場完備です。第一駐車場の屋外と地下、そして第二駐車場があります。第二駐車場は障害者スポーツの大会があるときなどは、貸し切り予約ができ、無料で利用できます。

 

通常車椅子ユーザーには、第一駐車場の地下の利用が推奨されています。外苑西通りを青山方面からアクセスしてください。第一駐車場地下には、4台分の障害者用駐車スペースが確保されています。

 

地下駐車場からのアクセスです。スロープがあり地上に上ります。このスロープはややきつい傾斜。よほどの力自慢の車椅子ユーザー以外は、介助者がいたほうがいいでしょう。

 

地上部に出ると目の前にサブアリーナの入口があります。サブアリーナが使用されていない時は鍵がかかっているので、壁のインターホンで来場の旨を言ってください。事務所に通じて鍵が開きます。

ドアは残念ながら自動ドアではありません。介助者がいない場合は、その旨をいうとスタッフが手伝いに来てくれます。ご自分の実力に応じて支援をお願いしましょう。

 

ここからサブアリーナ内に入ると、そこはサブアリーナの地下部になっています。メインアリーナ方面に向かう場合は、エレベーターを利用して一階上がってください。そこから更にスロープを使いながら、メインアリーナに行くことができます。後付でバリアフリー改修をしているので、乗ったり上ったりと、いろいろなことをすることになります。

 

メインアリーナ方面に向かうと「総合案内」があります。この施設の駐車場は、施設利用者に限り障害者手帳の提示で駐車料金が無料に減免されます。総合案内で駐車券と障害者手帳を提示してください。駐車無料券がもらえます。

 

障害者用トイレは複数あり。オストメイト対応トイレも用意されています。2か所実際に利用したことがありますが、広さ、設備、清潔感、いずれも合格のトイレでした。安心してご利用ください。

 

先日サブアリーナで開催された、車椅子競技者が多いスポーツ大会に参加したのですが、縦の移動のエレベーターが一基、障害者用トイレはサブアリーナ地下には一つ、という設計なので、競技休憩時間などは利用が集中して行列ができていました。このあたりは大会主催側で、何らかの配慮が必要だと思います。

 

1964年の東京オリンピックで使用された施設ですが、大改修によってバリアフリーになっています。後付バリアフリーの限界はありますが、車椅子でもなんとかなります。スポーツ大会に出場する、お知り合いの応援に車椅子でお出かけしても大丈夫。皆でスポーツを楽しみましょう。