津久井湖観光センター(神奈川県相模原市2014/10)

津久井湖観光センター

~大人気の観光スポット、でもちょっと古い施設です~

 

津久井湖畔に建つ、老舗の観光センターです。お土産ショップ、産直ショップ、公園スペースで形成されています。基本は古い施設。そこに後付スロープなどで、バリアフリーを推進しています。ただ、所詮は古い施設なので、車椅子での快適度は、55点くらいです。

 

ここ以外に津久井湖を眺めることが出来るスポットは、あまりありません。この観光センターが一番のビューポイントでしょう。そのためか駐車場がすぐに満車になります。障害者用駐車スペースが2台分ありますが、混みがちな駐車場でよくあるように、運用ルールが乱れてすぐに満車になります。大型バス用の駐車スペースがあるのですが、そこにも乗用車が入り込みます。

 

観光センターとしての建物の中に、産直&土産ショップが入っています。駐車場からこの建物に行くのは、後付スロープで坂道。なかなかキツイ坂です。施設に入るところも後付スロープがあります。エイヤッと、気合で登ってショップインしましょう。

 

店内にはソフトクリーム屋さんもありますが、メインは産直ショップ+お土産屋さんです。通路はやや狭く、車椅子での回遊は苦戦します。パンも豊富に扱っています。ただそれほど広いお店ではないので、産直品の品数、特に野菜系はそれほどボリューム感がありません。

 

この観光センターの建物を抜けて、湖畔の公園スペースに行くことができます。建物をでてすぐのところにデッキがあり、フリーのテーブルや椅子が置かれています。ここまではバリアフリーです。

津久井湖観光センター

その先、オフロード芝生系のゾーンがあり、やはりフリーのテーブルや椅子が点在しています。屈強な介助者がいれば、車椅子ユーザーでも侵入可能なオフロードです。

眼下に公園がありますが、ここには階段でのアクセスになります。

 

障害者用トイレは、施設内と駐車場横の公衆トイレにあります。どちらも古くていまひとつのトイレです。それでもどちらかといえば、やはり施設内のトイレでしょうか。近隣の産直ショップ「あぐりんずつくい」にはピカピカのトイレがあります。どうせ同じ産直ショップのトイレなら、ピカピカの利用をお薦めします。

 

無理やりなんとかバリアフリーにしていますが、やはり無理はあります。昔はバリアフリーという概念が無かったなあ、と感慨にふけることが出来る施設です。チャレンジ精神旺盛な車椅子ユーザーは挑戦してください。