道の駅信州蔦木宿(長野県富士見町2014/12)

道の駅信州蔦木宿

~お食事処は20時30分まで営業します、宿場風デザインが特徴の道の駅~

道の駅信州蔦木宿

甲州街道43番目の宿場町として、江戸時代に栄えた蔦木宿。その雰囲気を出した、宿場町風のデザインが特徴の道の駅です。ただ、HPの写真はよく撮れ過ぎ。実際には“七掛け”くらいのつもりでお出かけください。

日帰り温泉、産直ショップ、お食事処で構成された施設。人気の施設で、春秋の観光シーズンが特に混みます。

 

障害者駐車スペースが、屋根つき2台分と、青空2台分設置されています。この屋根つきの方の障害者駐車スペースですが、屋根の支柱や通路が厄介な設計。停めにくい、ドアが開けにくい駐車スペースです。

車椅子利用の実際をあまり知らない人が設計したな、とすぐに解るレベル。雨の心配のない日なら、青空スペースのご利用をお薦めします。

 

産直ショップは、意外に狭い店舗です。農産物系と加工品系にスペースが別れていますが、特に農産物系のスペースは狭い。どちらも通路幅は余裕がありません。外見よりも狭く感じます。あまり車椅子で快適に回遊できるショップではありません。

 

お食事処のスペースは、ゆったりしています。日帰り温泉とのセットお食事パックをやっているためか、営業時間が20時30分まで。道の駅のお食事処としては、珍しく夕食の利用が可能です。これは大きな特徴。ちなみに朝は8時から営業です。朝昼晩と食事ができる道の駅です。

 

障害者用トイレは、建物ビルドイン型。情報ステーションに組み込まれています。広さ、設備、清潔感とも並みレベル。感動はありませんが、実用には耐えます。安心してご利用ください。

 

あまりそういうイメージはありませんが、このエリアはお米自慢。特産品で「古代米」をアピールしています。このお米を使った、うどんやほうとうなども名物。もちろんイメージ通りのお蕎麦も自慢です。お味噌や漬物など、いかにも信州というお土産もあります。山の恵み、おいしくいただきましょう。

 

やや設計が古いので、最新のバリアフリー施設に比べると、見劣りする面はあります。それでも、お食事処は使えます。近隣にはあまりバリアフリーな食事処はありません。この付近でお腹がすいたら、お立ち寄りください。朝昼晩のお食事がご利用いただけます。