海の駅九十九里(千葉県九十九里町2018/12)

~産直ショップと鮮魚店、2Fには海を臨むフードコートがあるバリアフリー施設~

 

○九十九里浜の真ん中に建つ

2015年にオープンした「海の駅九十九里」は、九十九里浜のど真ん中、片貝漁港の横に建つ商業施設です。2018年に一部リニューアルされました。

砂浜に隣接した立地で、2Fテラス席からは九十九里浜の雄大な眺めを楽しむことが出来ます。

海の駅九十九里

○障害者用駐車区画に停められれば

アクセスは車が便利です。細長い敷地の駐車場があり、施設の横に障害者用駐車区画の用意があります。ここに停められれば問題はありません。

海の駅九十九里

障害者用駐車区画が満車の場合は、余裕のある乗降スペースが必要な車椅子利用者の場合、混雑を避けると細長い敷地の端、遠くて空いている駐車スペースの利用になります。遠い端のスペースも満車の場合は第二、第三駐車場の利用になりますが、隣接する第二駐車場は歩行者ルートに段差があり、第三駐車場は未舗装路面です。

海の駅九十九里

駐車場に隣接して展望台がありますが、エレベーターはなく階段のみの施設です。

海の駅九十九里

○施設内はバリアフリー

障害者用駐車区画から施設へのルートはフラットでバリアフリーです。施設出入口は自動ドア。施設建物内はバリアフリー設計です。障害者用トイレは1Fに用意。2F構造でエレベーターがあります。

海の駅九十九里

海の駅九十九里

○いわし資料館から見学

1Fの約30%のスペースは入館無料の「いわし資料館」です。資料館の入口にいわし3000匹が回遊している水槽があり、海の駅九十九里のシンボル的な存在になっています。資料館は、九十九里の伝統的ないわし漁の姿を今に伝えます。

海の駅九十九里

海の駅九十九里

海の駅九十九里

かつてこの片貝に「いわし博物館」がありました。2004年に地下に溜まった天然ガスが引火爆発し、1名職員が死亡する痛ましい事故が起こり閉館しました。

 

○直売コーナーと別棟鮮魚店

1Fの70%は産地直売コーナー。通路幅は余裕があり、車椅子での買い物は可能です。隣接する別棟には鮮魚店。フラットな構造なので車椅子で買い物が出来ます。

海の駅九十九里

○2Fはフードコート

エレベーターで2Fへ。3店舗あるフードコートと海を臨むテラスがあります。フードコートはセルフサービスなので、車椅子利用者は同行者がいると助かります。

海の駅九十九里

フードコートは一般的な可動式のテーブルと席なので、車椅子での利用は可能です。テラスにもテーブル席が用意されます。

海の駅九十九里

○近隣には漁協のショップも

「海の駅九十九里」から100mほどの場所に、漁協の直営ショップがあります。このお店も車椅子で利用できます。

海の駅九十九里

 

「海の駅九十九里」は、障害者用駐車区画に停められれば、車椅子で快適に利用できる施設です。