重度重複障害児の運動会

重度重複障害児の運動会

ほとんど体を動かすことの出来ない、重度重複障害のある子ども達の運動会。

 

何をしているのか想像できますか。肢体不自由の子ども達が通う特別支援学校でも「運動会」は開催されます。見たことのない方には、ちょっと想像ができない世界をご紹介します。

 

重度重複障害児といっても、障害の状況は一人ひとり違います。

運動会といっても、一人一人の「頑張れば出来ること」の目標を設定し、練習を重ね、挑戦することが教育目的になります。

 

指先だけはちょっと動かすことが出来る子、肘から先の運動は少しできる子、下肢は麻痺していても上肢は動かせる子、介助歩行なら可能な子など、それぞれに合った課題を設定し、その課題の克服を目的とした競技が行われます。

 

紅組と白組に分かれます。最年長の学年の子が応援団長です。しゃべることが出来る子がいると、盛り上がります。いなくても、ボタンを押せば録音した声がでるマシーンなどを使って、盛り上げます。先生たちが一生懸命考えた競技が始まります。

 

最重度の障害ある児童の場合、例えば指先でちょっと触るだけで反応するスイッチを用意し、スイッチを押せば紐が引っ張られ棒が倒れる仕掛けにします。その子にとっては、自分の意志で指先を動かしてスイッチに触れることが課題です。

何度も練習を重ねて本番に臨みます。この課題も、当人にとっては難しいことです。なかなか出来ないことがよくあります。みんなで応援して、時間をかけてスイッチ押しに挑戦します。

 

もう少し腕の動きが出来る子の場合、例えばスロープの上にボールをセットし、そのボールをスロープに押し出して転がすことが課題になります。

 

電動車いすのスイッチが押せる子なら、車椅子競技ができます。

クラッチ歩行が可能な子なら、ちょっとした障害物競技ができます。

 

リレー競技も可能です。例えば紅白5人ずつの選手が、それぞれの課題に挑戦して、成功したら次の選手の番になります。早いチームが勝ちです。

 

団体競技もできます。例えば、玉入れではなく「玉寄せ」。中心円を決め、それぞれのチームが全員で円になり、中心円内を目指してボールを投げます。投げられない子は、スロープ台を使います。中心円内に多くのボールがあったチームが勝ちです。

 

ご縁の無い方は、全く知らない世界でしょう。重度重複障害のある子ども達は、運動会で自分の課題に挑戦しています。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】

 リフォーム比較プロで見積もり比較