学生さんの障害者福祉ボランティア活動

日本もボランティア活動が当たり前の時代になりました。今の学生さん、ほとんどの人が、何らかのボランティア活動経験があります。障害のある人に対してのボランティア活動にも、多くの若い人が参加しています。この先の未来におけるバリアフリーの広がり、期待できますね。実際に接した学生ボランティアの様子をご紹介します。

 

 

 

ある身体障害及び中度の知的障害のある中学生女子の家庭が、夏休みの期間、家庭に来て一緒に遊んだり出かけたりしてくれるボランティアさんを求めました。そしてボランティアサークルに登録していた、女子大生のAさんが来てくれることになりました。

 

半日コースで週に2回、2週間、計4回の予定です。とても社交的で明るいタイプのAさん。初回は家族の人と一緒に活動をして、トイレの方法や車椅子の使い方などを勉強します。2回目からは、二人だけで近所にお出かけ。お買い物などをしてきます。3回目、4回目はちょっと電車に乗ってお出かけ。無事に帰ってきました。

 

障害があるといっても基本は元気で医ケアもない人であること、ボランティア経験が豊富である程度自信のある学生さんであること、そして思い切って人に子ども任せられるタイプの親であること、これらの条件が重なるとこういうボランティア活動が成立します。

 

学生さんの障害者福祉ボランティア活動

 

ある社会福祉法人の活動にボタンティア活動で参加した、BさんとCさん。同じ大学1年生の女性のお友達です。初めての参加で、知的障害のある人が中心のグループの一日遠足でのボランティアです。

 

それぞれ障害のある人1名を担当。社会福祉法人のスタッフの指揮の下、安全に気を配りながら、水族館にお出かけです。もちろん介助が楽なタイプの人を担当しているのですが、初めてのことで緊張が続いたようです。

 

解散式では「こんなに気を使うとは・・・、でもまた来ます」と挨拶していました。円滑なコミュニケーションが成立しない初対面の人と過ごすのは、ベテランでも本当に気をつかいます。お疲れ様でした。

 

 

 

ある障害児キャンプに参加した学生さんで、自傷行為が目立つ障害のあるDさんに、腕を噛みつかれた人がいました。その学生さんが挨拶で「噛まれた腕は痛かったですが、Dさんはいつもあんな痛い思いを自分に対してしている、そのことの方が辛いです。」とコメントしていました。立派な学生さんです。

 

学生さんの障害者福祉ボランティア活動

身体障害だけがある人との関わりは、イメージがしやすいところです。

 

知的障害やコミュニケーション障害がある、発語がない、予想外の動きをする、そういうタイプの人との関わりは、経験がないと緊張しますね。奇声を発して走られたりすると、どうしていいのか解らなくなります。

 

ベテランも最初は初心者。正しい知識の取得とともに、場数を踏むということは重要です。積極的にボランティアに来てくれる学生さん、頼もしいですね。もっと増えてくれることを期待します。

≪スポンサーリンク≫

オムロンヘルスケアのメーカー公式通販サイト【オムロンヘルスケアストア】