今津ヴォーリス資料館(滋賀県高島市2016/09)

~大正12年築の銀行です、2000棟以上の建築を手がけたヴォーリスを学ぶ資料館~

 

青い目の近江商人、ウィリアム・ヴォーリス。宣教師であり、建築家であり、近江兄弟社の創業者です。

 

彼の設計で大正12年に建設された百三十三銀行今津支店の建物が、資料館として無料公開されています。駐車場あり、やや段差はありますが車椅子での入館可。障害者用トイレはありません。

今津ヴォーリス資料館

2階建てのそれほど大きくはない建物です。建物の出入口に低い段差あり。

1Fが公開されていて、建物内部の壁面周辺にヴォーリスを学ぶ各種の資料が展示されています。フロア中央部は、テーブルと椅子が設置されている、カフェ機能もある市民のための自由スペース。車椅子での見学は快適、というほどスペースに余裕はありませんが、十分に可能なレベル。館内の床面はフラット。車椅子での館内移動は可能です。

 

ヴォーリスは活動の拠点を近江八幡においていたので、滋賀県界隈には多くの建築物が現存しています。

関東地方では「山の上ホテル」「主婦の友社」「東洋英和女学院」などが有名。生涯で2000棟以上の建築を手がけました。「今津ヴォーリス資料館」では、それらの建築物の写真パネルと解説、ヴォーリスの経歴年表などが展示されています。

 

ヴォーリスの略歴です。

明治38年に25歳で英語教師として来日し、滋賀県商業高校に赴任。近江八幡を拠点にキリスト教の布教、建築設計、のちに近江兄弟社になる製薬会社を設立、結核診療所を設立、図書館を開設、出版活動も行い、昭和16年に日本国籍を取得。昭和33年に近江八幡市の名誉市民第一号となり、昭和39年に84歳でその生涯を終えました。奥様はもちろん日本人です。

 

「今津ヴォーリス資料館」の建物の略歴です。

大正12年に百三十三銀行今津支店として建設され、昭和53年まで銀行の支店として使われました。その後町が買い取り、翌昭和54年からは町立図書館になり、平成13年まで図書館として利用。保存活用することが決まり、建設当初の姿に修復工事が行われ、平成15年から資料館として公開されています。

建築されてから約80年間にわたって、銀行、図書館として実際に使用されてきた建物です。国の登録有形文化財指定。見る価値があります。

 

ただし、建物自体のスペースは小さく、加えて、市民の交流の場としての機能も追及しているため、展示されているコンテンツは、それほど充実しているわけではありません。この点はやや食い足りない感も。もっと深い展示内容で、ここに来ればヴォーリスの全てが解る専門的な展示企画のほうが、望ましいと思います。

 

せっかくの築93年の歴史的建造物。建物の在り様を変えるようなバリアフリー改修は望みませんが、資料そのものの充実は、もう一段上のレベルになることを期待します。